2019年4月22日月曜日

NY金~短期目線なら1280ドル上放れ後の押し目拾い(追記あり)

本日のNY金は、ここまで上値を追う展開となっている。

しかし、上昇の勢いはそれほど感じられない。

まだまだ、下落トレンドは継続中である。

まずは日足チャートを見てみよう。

WTI原油~65.5ドルで『買い』!

17時49分現在、原油価格は65.6ドル。

とうとう、65ドルの節目を超えてきている。

これで、完全にブル相場入りとみてようだろう。

今朝の記事にも書いたシナリオ通りの値動きになったので、もちろんエントリー済みだ。

NY金~1275ドル下放れなら下落の勢いは加速

オッス!

先週の金価格は1271ドルまで下落する場面があった。

しかし、終値ベースでは1275ドルを維持している。

今週のポイントは、1275ドルを維持できるかどうかである。

WTI原油~エントリータイミングはこの2つだけ!

おはようさん!

今週のWTI原油のポイントは、65ドルである。

このレベルは上に抜けてくるのか、それとも下落トレンドに転換してくるのか、に注目である。

直近の10日間はレンジ相場が続いている。

2019年4月21日日曜日

NY金~週足チャートで下値目途を確認

おはようさん!

先週のNY金の高値は1292ドル、安値は1271ドル。20ドル超の下落であった。

終値ベースではかろうじて1275ドルを維持できているが、強い下落トレンドであることには間違いない。

チャートに逆らわずに粛々と対応していくつもりである。

2019年4月20日土曜日

ドル高進行なら金価格は1250ドル程度まで下落!?

金価格に強く影響力を持っているのが、ドルインデックスとアメリカの政策金利(米長期金利)である。

ただし、最近の金価格はドルインデックスに敏感に反応しているようだ。

従って、ゴールドトレーダーは、特にドルインデックスの値動きに注意する必要がある。

ドルインデックスの週足チャートを見てみよう。

WTI原油~テクニカル的には『売り』だが、ファンダメンタルズ的には『買い』

おはようさん!

昨日がアメリカ市場が休場であった。

今週のWTI原油は、ボラティリティが低く、方向感のない展開に終始した。

高値は64.7ドルであり、節目の65ドルにわずかに及ばず。

2019年4月19日金曜日

NY金~今は「どこで買い増しをするか」ではなく、「どこで仕切り直すか」を考える時期

オッス!

昨日の金価格は6日続落の後、ようやく一服といったところ。

終値は1275ドル台を回復している。

しかし、下落トレンドであることには変わりはない。まだまだ予断を許さない状況である。

WTI原油~2つのエントリータイミング

おはようさん!

昨日のWTI原油はわずかながらに上昇。

64ドル台で引けている。

まずは日足チャートを見てみよう。

2019年4月18日木曜日

NY金~1275ドルを維持できなければ全決済

17時45分現在、金価格は1276ドル。

日足ベース200日MAを回復してきている。

また、1275ドル台を回復してきているが、まだ下落トレンドは継続中である。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金~200日MAを維持できないならば、1250ドルまでの下落を予想

オッス!

NY金は相変わらず弱い値動きとなっている。

昨日は終値ベースで200日MAを維持できず、1274ドルで引けている。

日足チャートを見てみよう。


WTI原油~エントリータイミング近し!5月に向けて原油高騰か!?

おはようさん!

昨日も引き続きレンジの展開。ボラティリティが低下気味。

値動きに方向感はない。

早速、日足チャートを見てみよう。

2019年4月17日水曜日

NY金~今晩のポイントは200日MAを維持できるかどうか

16時28分現在、金価格は1279ドル。

200日MAがサポートとなり、昨日の終値からやや上昇している。

しかし、昨日の大きな下落に比べると反動は小さい。

日足チャートを見てみよう。

NY金~リスクオンで株式へ資金流出が止まらない

オッス!

昨日のNY金は大きく下落した。

終値は1277ドルとなり、節目の1280ドルを割り込んでいる。

明らかに資金の流れが株式へと向かっている。

WTI原油~「米ガソリン在庫減」と「協調減産停止」の綱引き

おはようさん!

昨日の原油は上伸し、終値は64.3ドルとなっている。

ほぼ高値引けとなっており、上昇の勢いが強いことを示唆している。

まずは日足チャートを見てみよう。


2019年4月16日火曜日

NY金~1284ドルを維持できないなら1285ドルのポジションはロスカットの予定

16時41分現在、金価格は1285ドル台後半を推移中である。

本日も上値の重たい展開となっている。

だが、昨日までドル高が金価格の上値を重たくしていたが、今はそれがやや弱まっている。

現在のドルインデックスは96.9ポイント。

NY金~1285ドルで買い増し!エントリーポイントの解説

オッス!

昨日のNY金は、一時1282ドルまで売り込まれている。

終値は1288ドルとなっており、下値目途の1285ドルよりも上で引けている。

まずは日足チャートを見てみよう。

WTI原油~ロシアがアメリカに対抗するため協調減産中止を示唆

おはようさん!

昨日の原油は陰線で引けているも、底堅い値動きでもあった。

終値は63.5ドル。

ボラティリティは低下しており、方向感はない。