2019年5月26日日曜日

NY金~今週は売り目線

おはようさん!

先週のNY金はさえない値動きとなった。

終値は1284.72ドルとなっており、1285ドル台を維持できていない。

弱い値動きとみてよいだろう。

2019年5月25日土曜日

WTI原油~NY市場に翻弄される原油価格

おはようさん!

2日前(木曜日)に大陰線を付けたが、昨日は下げ止まっている。

終値は58.9ドル。

日足チャートを見てみよう。


NY金~上値目途は1290ドル

オッス!

昨日のNY金は上伸。終値は1284.75ドルであった。

一時、1285ドル台前半まで上値を伸ばすものの、終値ベースでは1285ドルを維持できなかった。

日足チャートを見てみよう。

2019年5月24日金曜日

NY金~1時間足ベース200日MAに注目

本日の金は軟調な値動きとなっている。

19時37分現在、1281ドル付近を推移中である。

NY市場は反動高となっており、相変わらず強い。現在、ダウは140ドル高となっている。

日足チャートを見てみよう。

NY金~昨日は大きく上昇も上値の余地は少ない

オッス!

NY金は上昇。終値は1283.34ドルとなっており、久しぶりに1280ドル台を回復している。

目安としていたサポートラインタッチ前に反転しており、エントリーはしていない。

日足チャートを見てみよう。

WTI原油~61.4Lのポジションは敢え無くロスカット

おはようさん!

昨日の原油は大きく下落。久しぶりにボラティリティが増加している。

61.4Lのポジションは逆指値にかかり、ロスカットとなっている。

日足チャートを見てみよう。

2019年5月23日木曜日

NY金~今後想定される2通りのシナリオ

オッス!

昨日のNY金はわずかながらに下落。終値は1273.29ドルとなっている。

異様に上値が重たい。

日足チャートを見てみよう。




WTI原油~61.4Lの指値がかかる

おはようさん!

昨日の原油は大きく値を崩した。

終値は61.3ドルとなっている。

日足チャートを見てみよう。




2019年5月22日水曜日

NY金~サポートライン下抜け後の戻りをショートで撃つ!

19時56分現在、金価格は1273.71ドル。

本日の金はやや軟調な展開となっている。

それにしても、これだけ米中間、米イラン間の関係がこじれているにも関わらず、そんなことに関係なく株式は上昇し続けている。

どう考えても異常である。




NY金~サポート下抜けならビッグチャンス到来の可能性

オッス!

昨日のNY金は軟調な展開。

安値は1269.43ドルであった。

1286Sのポジションは、決済指値(@1270ドル)にかかっていた。




WTI原油~60日MAまでの押し目付けるなら躊躇なくロングで仕掛けたい

おはようさん!

原油は相変わらず方向感がない。トレードに不適な状況である。

これでは、まったく手を出すことができない。

昨日の高値63.75ドル、安値62.77ドル、終値62.95ドル。




2019年5月21日火曜日

NY金~今夜サポートラインまでの下落があるか!?

本日の金価格は軟調な値動きとなっている。

20時5分現在、1275.07ドル。

ダウが上昇基調となっているため、市場は徐々にリスクオンへと傾きつつあるのだろう。

これだけ、米中がややこしい状況にも関わらず、株式には未だに資金流入が止まらない。




NY金~米中貿易戦争はこれからいよいよ本格化

オッス!

昨日のNY金は、非常にボラティリティが低い値動きに終始した。

高値1278.97ドル、安値1273.62ドル、終値1277.67ドル。

高値と安値の値幅がわずか5ドルである。





WTI原油~徐々に買いの勢いが減少していることを示唆

おはようさん!

昨日の原油は陽線で引けているが、ボラティリティは低く方向感のに値動きに終始した。

米中貿易戦争関連の材料が出る度に市場が右往左往している状況であり、先が全く読めない展開となっている。

日足チャートを見てみよう。





2019年5月20日月曜日

NY金~利確目標は1270ドル

本日の金価格は、開場直後から軟調な展開となっている。

一時、1280ドル目前まで上昇する場面もあったが、19時08分現在1275ドル付近を推移中である。

今朝の記事にも書いたように、1280ドルはレジスタンスとして機能してくれたようだ。

もちろん、ポジションはホールドしたままである。




NY金~ここから1270ドル台前半まで下押しする可能性

オッス!

先週末、金価格は大きく崩れた。

終値は1277.61ドルとなり、節目の1280ドルを割り込んでいる。

日足チャートを見てみよう。




WTI原油~協調減産協議の行方が週明けの原油価格を左右

おはようさん!

先週の原油は上伸した。

高値63.61ドル、安値60.62ドル、終値62.68ドルであった。

値幅は約3ドルとなっており、ボラティリティはやや低下気味。